ダイビングスポット
沖縄本島(周辺):久米島

ミーフガー

数少ないビーチ・エントリーのポイントのひとつ。沖へ進んでいくと35mまで落ちるドロップオフがでてくる。ドロップオフまで少し距離があるが、そこへ行 くまでの浅いところではスズメダイやハナダイ、ベラの幼魚がたくさんいて、見ているだけで楽しい。またナポレオンやロウニンアジ、オニカマスなどの大物も 見られることもある。地形もおもしろく、クレバスやアーチから差し込む光は非常に綺麗。また、あらゆる講習にも使える絶好のポイント。


堂崎

島の一番北側に位置する回遊魚や大物狙いのポイント。ドロップオフやクレバス、穴がある地形。ドロップオフにはウメイロモドキ、カスミチョウチョウウオ、 アカモンガラが群れていたり、イソマグロの群れやナポレオンに遭遇することもある。棚上ではホソカマスの塊やカメもよく現れる。壁にはカラフルなウミウチ ワが何枚もあり、ピグミーシーホースが付いていることもある。


イマズニ

久米島2大スポットのひとつ。潮通しのよいポイントで、ギンガメアジやイソマグロなどの回遊魚やカマスの群れ、ナポレオンといった大物が見られる。地形も 面白く、ところどころに穴やオーバーハングしているところがあり、その影にネムリブカが潜んでいたりする。大きなウミウチワが何枚もならんだ水路は非常に 綺麗で、その上に乱舞しているキンギョハナダイやアカネハナゴイは見応え十分である。


イチュンザー沖

港から一番近い穏やかなポイント。エントリー・ポイントから沖へ向かってリーフがゆるやかに落ちていき、深場にはゴロタが広がる。リーフにはいくつかクレ バスがあり、その陰にはクレナイニセスズメやアオギハゼなどが見られる。離れた根にはカメがよく現れ、時期によってはコブシメも見られる。また大きく広 がったリュウキュウキッカサンゴやそこに群れる小魚たちは見ごたえ十分である。


トンバラザシ

ダイナミックな地形でクレバスや50mまで落ち込んだドロップオフのポイント。ドロップオフではクマザサハナムロの群れやサバヒーの回遊が見られたり、壁 にはヤギ類が多く、そこにガラスハゼやエビが付いている。棚の上ではモンツキカエルウオやクマノミ、カスミアジなどが見られる。冬場には数種類のウミウシ が見られる。


ウーマガイ

水深10mから一気に40mまで落ちる豪快なドロップオフのポイント。切り立った壁にはいくつか穴があいていたり、オーバーハングになっているところがあ る。棚の縁にはキンギョハナダやカスミチョウチョウウオなどが群れていて、青い海に舞う姿が非常に絵になる。壁沿いにはスミレナガハナダイやハナゴンベが 見られ、深場へいくとアケボノハゼやニチリンダテハゼ、ヤマブキハゼなどが見られる。


中の浜下

白い砂が広がる非常に穏やかなポイント。エントリーの根のまわりに大小の根がいくつかある。砂地の方にはチンアナゴやモンツキアカヒメジの群れがみられ る。根の壁にはヨスジフエダイやオヤビッチャの群れも見られる。離れた小さな根にはハダカハオコゼが小魚を狙っていたりカミソリウオが漂っていたりする。


中の浜沖

白い砂が広がるポイント。エントリーの根から離れたところに大きな根がある。そこには根を取り囲むようにキンメモドキやスカシテンジクダイ、ハナダイの群 れが常に見られる。根の隙間には幼魚が隠れてたり、砂地との境目にはオドリハゼなどの共生ハゼも見られる。エントリーの根も数種のクマノミやエビ・カニも 豊富で1ダイブだけではすべて見て回れない。


トリノクチ

南西側に位置し複雑な岩場で穴やクレバスのあるポイント。暗闇にはツバメタナバタウオやクレナイニセスズメ、アオギハゼなどが見られる。マンタの通り道にもなっているので、冬場には遭遇する確立が高い。浅いところではカエルウオやギンポ、数種のクマノミが見られる。



ダイビングに関するご注意

トピックス

▼2008/8
国際通り沖縄お土産店mi-ja様に募金箱の設置をさせて頂きました。

▼2008/8
有限会社ダイドーレンタリース様に募金箱の設置をさせて頂きました。

▼2008/10
RBCラジオ(RBC738)生放送に沖縄県立真和志高校様の生徒様と当協会会長阿部が出演させていただきました。