ダイビング器材のメンテンナンス

レギュレーター

レギュレーターの洗浄では、必ず「ダストキャップを締めて」行い、「水の中でパージボタンを押さない」ということに気を付けよう。どちらの場合もファーストステージや中圧ホース内に水が浸入し、カビやサビの原因となり、レギュレーターが正常に機能しなくなる。
重点的に洗うのは、ファーストステージのウォーターポート(水圧感知穴)や、セカンドステージの内部。またホースプロテクターもたまに移動させて隠れている部分を洗おう。またスイベルはよく動かしながら洗おう。

BCD

BCの洗浄は、外部と内部の両方を行う。まず外部では、排気弁、給気ボタン、排気ボタン、バックルなどを重点的に洗おう。またカマーバンドなどベルクロ部分にはゴミが付きやすいので、取っておこう。
次に内部だが、BCの中に入っている海水をしっかり出し、そして内部に真水を入れ、よく振ってからその水を排出する。この作業を2~3回繰り返し、内部の 塩分をしっかり取り除くようにしよう。真水を入れるときには、空気もある程度入れてやると、水を排出する際、水が抜けやすくなる。

ダイビングコンピューター

真水でよく洗って、すぐに水気をふき取るようにしよう。特に水深、水圧などの関知部分はしっかり洗うように。ここに塩分が固着すると、正しいデータが取れなくなってしまう場合もある。

ダイビングコンピュータの場合、水の中にずっと浸けておくと、水分や水圧を感知して画面表示が灯きっぱなしになりバッテリーを無駄に消費してしまうので注意しよう。

コンソールタイプの場合は、定期的にコンソールから取り出して汚れや水分を拭き取ってやろう。

ゲージ&コンパス

真水で洗う際は、水深計は水深関知穴を、コンパスはベゼルを、そしてスイベルなどの可動部分を動かしながらしっかりと洗おう。
コンソールブーツからゲージが取り出せるものは、たまに取り出して洗ってやるといい

ウエットスーツ

ファスナーは塩がみ、砂がみしやすいので、水中で動かしながら洗おう。洗剤などは使わないように。ジャージとスキンを貼り付けているノリが溶けてしまうことがある。

ドライスーツ

まず、ダイビングが終わったら着たままシャワーを浴びてしまおう。防水ファスナー、バルブは閉めた状態でホースなどで水をかけてやろう。給排気バルブは動かしながら洗おう。今後しばらく使わないときや水没してしまったときなどは内側も濡らしてしっかりと洗ってやろう。

マスク

バックル部は砂が噛んだり、塩分が固まりやすいので重点的に洗うこと。ストラップが簡単に外せるものは、緩めるか外して洗ったほうがいい。取り外しが面倒なタイプは、バックルを動かして洗おう。

排水弁付きマスクは、弁に砂などの異物が挟まっていないかチェックしておこう。またガラス面とスカートとの間に砂が入ってしまったような場合には、流水で勢いよく洗おう。それでも取れなければ分解して掃除することになる。

スノーケル

洗浄は、ゴミや砂などの異物が挟まることもある排水弁を中心に、内部にしっかり水を通して洗おう。

フィン

ストラップが簡単に外せる場合は外して、そうでないものは緩めて、動かしながら砂やゴミがかんでいないかチェックしながら洗おう。

ブーツ&グローブ

ブーツはファスナーの部分に小石や砂・ゴミなどが挟まっていないかをチェックしながら、水中で動かして洗おう。

グローブの汚れは、石鹸などを使って落とすといい。ファスナーは他の器材と同じく動かしながら洗おう。またベルクロにはゴミや砂が絡まりやすいので、もし付いていたらできるだけ取るようにしよう。

ライト&ナイフ

ライトは、スイッチなど可動部分を動かしながら洗おう。
ナイフは、柄と歯の付け根をよく洗いおうう。刃の付け根の部分や多機能ナイフの凹凸などには、塩が固まりやすいので注意する。またナイフ本体だけでなく、ケースの内外もよく洗い塩分を落としておかないと、サビの原因となる。

バッグ

メッシュバッグは全体を水に浸けて洗おう。ファスナー部分を動かして洗う。

ダイビング用語

ダイビング用語

ウエイト・システム

そのほとんどが鉛のウエイトとナイロンベルト等からなるベルト部、クイックリリース機能がつい ているバックル部からなり、付け心地がソフトなソフトウエイト(鉛の散弾を詰めたものや、袋状のベルトに鉛を入れたもの)などがあります。いずれも、いざ と言うときに簡単にはずす事が出来る構造になっていて、緊急時の浮力の確保が容易に出来るようになっています。このウエイトの適切な量を知らないと潜降に 苦労したり、水中の移動が大変になったり、腰の負担が増えたりとダイビング自体に影響を与えます。つける位置でバランスも崩れてくるので、注意が必要で す。

ウェットスーツ

ダイバーの体温を保持したり、外傷からダイバーを守ってくれます。ウェットスーツの保温の特徴 から体にぴったりとしているほうが保温性が高くなります。逆にきつすぎると体温の循環の妨げになったり、着る事が出来ません。タイプはいろいろあり、ワン ピース、ツーピース、シーガル、ロングジョン、ボレロ等ダイビングをする環境に合わせて選ぶ事が出来ます。

減圧症

大気圧より高い空気を呼吸する事により通常よりも過剰の窒素が体に解けこみ、その状態で呼吸し た圧力よりも低い周囲圧に戻るとき、過剰に体に溶け込んだ窒素が多すぎたり、あまりにも急激に周囲の圧力が下がったりして周囲圧の変化に溶け込んでいる窒 素の排出が間に合わなくなり、通常気泡の存在していない場所に気泡ができる状態。気泡の発生した場所により症状が異なる。また、高所でダイビングをや、ダ イビング直後に飛行機に搭乗したり、高所に移動すると減圧症のリスクは高くなります。ダイブテーブルやダイブコンピューターに従った潜水計画が減圧症のリ スクを回避してくれます。

再圧チャンバー

ダイビングの場合は減圧症の治療施設としてしようする。空気の力で加圧をし減圧症の症状がみら れない状態にしてその後徐々に大気圧に戻していくと言う治療を施す。実際に減圧症になってしまった場合は再圧治療が早ければ早いほど高い効果が得られま す。減圧症の予防は無理のないダイビングの計画とゆっくりとした浮上です。

残圧計

ダイビング中のタンクの空気の圧力をモニターするための計器。レギュレーターのファストステージの高圧ポートに柔軟性のある高圧に耐えられるホースに接続して使用します。日本の場合はkg/c?、アメリカではPSIという単位を使用する場合が多い。

スノーケル

水面に顔を付けたままにしておいても呼吸の出来る筒状のもの。スクーバ・ダイバーは潜降するま でのタンクの空気節約の目的で水面を泳ぐときや、水面で休憩するときに使用します。また、セカンドステージに咥えなおす事を考えると、マウスピース部分が フレシキブルなタイプの方が使い勝手がいいといえます。

ダイブ・コンピューター

窒素吸収の計算をしてくれて、減圧症のリスクを回避してくれる時計と水圧センサーがついていて 現実的な窒素量を計算してくれるもの。他の機能としてログメモリーや、ダイブプロフィールを表示するものもある。最近は残圧計の機能もあり残圧で後どれく らい呼吸ができるか表示してくれるものがある。

ドライ・スーツ

手首のところと首のところでシールして中に水が入ってこないようにしてあるダイビングスーツの こと。保温性が高く、直接体が水に濡れないので疲労感が少なく、伊豆方面で日帰りダイビングをしたり、寒冷地でダイビングをする場合などは便利です。最近 ではクロロプレンゴムとコーテッド・ファブリックの2種類が使用されているものが多いが、日本ではクロロプレンで作られたドライ・スーツの方が一般的で す。ドライ・スーツは適切な講習を受けてから着るようにしましょう。

ハード・スーツ

人間の体に触れる部分は1気圧にし、簡単にいうと、人間の形をした潜水艦の中にダイバーを入れ潜る装置の事。かなり特殊な潜水方法です。

フィン

ダイバーの移動を可能にするための足につけるヒレのこと。最近はスクリューの原理を応用した先が割れているフィンが主流を占めつつあります。

マスク

水中で視界をクリアにするためにつけるもの。人間の目は水中の屈折率には対応していないのでマスクがないと焦点が合いません。マスクをつけて水中のものを見ると約35%近く見え25%大きく見えるといわれています。

レギュレーター

タンクからの空気を周囲の圧力に減圧しダイバーに空気を供給する装置。ファースト・ステージとセカンド・ステージ、それをつなぐホースからなりファースト・ステージで一次減圧を行い、セカンド・ステージで周囲の圧力と同じ空気に調整をしてエアを供給する。

海の危険生物

ハブクラゲ

ネッタイアンドンクラゲ科に属し、傘の径は約10~12センチになる。触手を伸ばすと約1.5メートルになるものもある。小魚の群を追って移動する性質が ある。泳ぐ速度は大人の歩く速さくらいで、触手に触れると魚は硬直して動かなくなるといわれている。ときどき傘の中に共生する魚がいることも知られてい る。小魚を追う習性があり、夕方に10匹近いハブクラゲがそれぞれ小魚を触手につかまえて浮遊している場面を目撃したダイバーの証言などがあります。
○子供達が海水浴の時によく行うばた足による水しぶきが小魚のジャンプ信号と似ていることから、ハブクラゲが急速に子供に近づいて事故が起こると言う説もあります。

写真
オニヒトデ

一般的に夜行性で、日中はサンゴの裏の陰で隠れています。大きな物で直径30センチを越えるものもあります。ナイフで真っ二つに切っもしばらくするとそのオニヒトデ、なんとキズを修復して2匹になります。

写真
ヒョウモンダコ

日本での死亡例はまだありませんが、オーストラリアでは死亡例が報告されています。
ヒョウモンダコは頭の部分が大人の親指ほどの小さなタコです。怒ると紫のリングが濃くなります。あまりのかわいさに素手で手に取るとさあ危険! 8本の足の中央にある口でかみついてきます。口は鳥のくちばしのようになっています。

写真
オニダルマオコゼ

背びれの毒針をもち足で踏んだりしたら刺が刺さり毒をもらいます。治った後も、親指の軟骨が固まって指が動かなくなることがあるそうです。

写真
イラモ

海藻にたいへんよく似た群体をしています。先が薄い緑色をした触手になっていて、その部分をさわると痛みが はしり、赤く腫れ上がります。肌にあたるとイラモの触手の後が、シワシワのマルマル状態で触れた部分につきますのですぐにイラモだと判断できるはずです。 岩場に素肌で接触するのは危険です。

写真
アナサンゴモドキ

英語でファイヤーコーラル(火傷サンゴ)、沖縄方言(うちなーぐち)ではハチャーウール(蜂サンゴ)といわれ刺されると皮膚の表面がピチピチと痛みます。しばらくすると真っ赤になって火傷のようになるのです。6月頃に多いのですが、このサンゴの近くを通りかかっただけでかぶれることがあります。ヒトを刺す毒を持ったヒドロチュウという目に見えない小さなクラゲを出すのです。近づいたり、触れたりしないように注意しましょう。

写真
ダツ

ダツは口のとがった細長い魚です。昼間は近くにいてもどーってことないのですが、夜のダイビングや漁におい てはとても危険な魚です。ライトの明かりに突っ込んくるダツが突き刺さるという事故が起きます。水中で刺されると、出血が止まらなくなり出血多量により死 にいたることがあります。電灯漁の漁師さんの事故が多いそうです

写真
ハブガイ

肉食性の貝は一般に毒矢をもち、毒矢で獲物をしとめます。沖縄でよく知られているのが、アンボイナガイとタガヤサンミナシガイです。アンボイナは魚を捕って食べますが、タガヤサンミナシガイは貝を主に捕って食べます。魚を捕って食べるアンボイナガイの毒が強いと言われています。潮干狩りで見かけたときは素手でさわらないようにしましょう。沖縄では過去に何件かの死亡事故が報告されています。刺されると体がしびれ動けなくなります。潮干狩りの最中に刺された場合、時間が経過すると潮が満ちてきて溺れてしまうことになります。

写真
エイ

エイの仲間は尻尾の付け根近くの側面側にナイフのような突起があり、間違って踏んでしまうと、足を刺されま す。刺すというよりも斬りつけると言った方がいいのかも知れません。沖縄近海で踏んでしまうことはまず無いでしょうが、ダイビングの時に触れたりしないよ うにしましょう。

写真
ウツボ

ウツボの仲間は鋭い歯を持っています。ダイバーで多いのですが、素手でさわろうとして指を噛まれる事故が起こっています。くれぐれもウツボを触らないようにしましょう。

環境問題

環境問題

水中で多くの時間を過ごしているダイバーにとって環境の変化は一番身近に感じるかもしれません。

愛すべく海をいつまでも楽しむには、環境問題に目を背けることはできません。

汚染される海、死んでいく珊瑚、絶滅が心配される海洋生物、ゴミ問題など、多くの環境問題を今一度私達は正面から受け止めねばならない問題かもしれません。

まずは、これらの問題を知ることからはじめましょう。
そして、次に自分が何ができるのかそれぞれが考え、行動するときではないでしょうか。

それらの行動が、この美しい海を後世に残すことに繋がるからです。

エコロジー
オニヒトデによる被害

オニヒトデの大発生は、過去から繰り返し起こっている自然現象だという説や陸地の開発による土壌や栄養塩類の流入が引き起こしている。

オニヒトデによる被害へ

ごみ問題
釣り糸による環境問題

沖縄の財産、日本の宝ともいえる沖縄の海は今や夢の島と化している。ビーチや岬から見る沖縄の海は青く美しい海に見えるが現状は違う。

釣り糸による環境問題へ

地球温暖化
赤土による環境問題
赤土が海へ流れ出る問題は主に土地の開発によるものがほとんど、マンションやゴルフ場など大規模な開発により山を削り掘り起こされた赤土がそのまま海へ流れている。 

赤土による環境問題へ

珊瑚の白化現象
サンゴの白化現象

サンゴの白化現象 沖縄のサンゴが白化する要因は様々あります。、開発により山などを削った際に流れ出す赤土また、田や畑から流れる赤土(肥料)、オニヒトデによる被害、温暖化により水温の上昇など様々な要因がサンゴの白化現象を引き起こしています。

サンゴの白化現象へ