学生時代の彼女との思い出

私は26歳、男性で営業職をしておりますサラリーマンです。私は学生時代、高校生の彼女がおり、沖縄旅行に行こうということになりました。ツアーで応募し、日中は自分たちで行き先を決めるイメージで進めました。その中で、特に思い出深いのがダイビングでした。

具体的な話をしていこうと思います。
3泊4日で沖縄に訪れ、3日目にダイビングの予約をしておりました。
彼女も私も海には行ったことはありましたが、ダイビング経験と沖縄の海の経験はなく、非常に興奮をしておりました。

ダイビングスポットへ行くまで、レンタカーで海沿いを走っておりましたが、沖縄の道路は幅が広く、なんとも言えない開放感が運転していてありました。またケツメイシの夏の思い出をかけながら運転し、彼女も私もテンションはマックスでした。

スポットにつくと、長髪の男性で髪を後ろで縛りながら、元気よく挨拶して来ました。ラッパーのようなノリで迎え入れてくれました。

早速、ダイビングのライセンスのある先生達に、ダイビングスーツの着方を教えてもらいました。少し湿ったスーツは、着る際に少しにおいました。生乾きのようなにおいです。そして、酸素ボンベを背負い、徐々に海に潜ります。私は背負いながら歩くことができましたが、彼女は重さで歩くことが精一杯でした。

早速海に入りもぐると、どこの海よりも綺麗で、ファインディングニモのような世界が広がっておりました。先生たちは、先頭で誘導してくれますが、私たちのプライベートも考え、少し距離をおいて誘導してくれました。その点が非常に気遣いができ、嬉しい気持ちになりました。また、遠目から私たちの姿を写真でおさめて頂き、水中でかわいくとれるポーズ等も教えて頂き、楽しく過ごせました。最後にウミガメに出会いました。先生の話ですと、1パーセントの確率らしく、運が良かったです。

安全面でも、思い出の面でも、ドライバーにフォローしてもらいながら、ダイビングした方が良いと思います。特に、沖縄は沖縄出身の先生が多いため、現地の雰囲気をより楽しめます。